きょうは午前中、冷たい小雨がまじる憂鬱な天気でしたが、夕方近くになって日差しが出てきました。一昨日あたりからの冷え込みで急に色づき始めたイロハモミジやコナラの紅葉や黄葉が夕日に映え、とても綺麗です。171118-1
[センターのベランダから]

この寒さが移動の引き金になったのか、きのうまではそこにいなかった(と思われる)冬鳥のアオジがセンター前の27番札分岐地点と駐車場の階段上り口に姿を現しました。2ヵ所とも例年アオジが越冬する場所です。
171118-2
[アオジ 駐車場にて本日撮影]

ここ2日ほどは森の中を調べていませんが、15日にヤンマ池(15番札)~桜峠付近(19番札)で今季初めて確認したルリビタキもこの寒さで森のあちこちにやってきているかもしれません。(斉藤)

これまでのところ、森で確認した冬鳥は以下のとおりです。
日付は初めて確認した日です。

10月8日 カケス
10月23日 ビンズイ
10月25日 ジョウビタキ、アトリ、マヒワ
10月26日 キクイタダキ
10月28日 シメ
10月31日 アカゲラ、アオジ、クロジ

あと、姿はまだ確認できていないのですが、10月26日からシロハラらしき声を聞くようになりました。
例年11月半ばに確認するルリビタキは除いて、森の常連の冬鳥は出そろったようです。
17-11-02-3
[アオジ オスとメスが連れ添い、草の実などを採食 10月31日]

このところ、キクイタダキをあちこちで見かけます。
マツやスギ、ヒノキの木立ちがあったら、かすかな声がしないか、注意してみてください。(斉藤)
17-11-02-2
[センター近くの芝生広場のアカマツにいたキクイタダキ 本日撮影]

ようやく天気が安定したけさ、芝生広場で冬鳥のジョウビタキを今季はじめて確認しました。例年10月18日ごろに姿を現すので今年はやや遅めです。
第1号はオスでした。このまま芝生広場に居つくでしょうか。
17-10-25
[けさ撮影]

きょうは同じく冬鳥のアトリとマヒワの鳴き声も確認しました。(斉藤)

↑このページのトップヘ