一昨日、来館された方から「3番付近でサクラが咲いていた」と情報をいただきました。
きっと山火事跡の早咲きのヤマザクラだろうと、植阪レンジャーに確認に行ってもらったところ、やはりそうでした。
01
[山火事跡の早咲きのヤマザクラ]

この木の最近20年間の平均開花日は3月16日で、3月1日の開花は開園以来もっとも早い記録です。(斉藤)
02
03
[本日撮影]

2月29日の森の天気は雨。
生きものたちの姿はなく、静まりかえっているのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。
雨降りの中、元気に活動していたのは

シロハラ
写真①
【雨で濡れた背中に砂?が付いている】
 
ツグミ
写真②
【濡れた羽根を羽づくろい中】

シメ
写真③
【木の実?を食べていたのか、くちばしの上に何か付いている】

などの冬鳥(渡り鳥)たちや、

コゲラ
写真④
【コナラの幹をつついている】
 
エナガの群れ、ジョウビタキ、
さえずるウグイス、ヤマガラ、シジュウカラなど。

鳥の羽根は水をはじきます!
雨の森で、普段と変わらない姿が観察できました。(植阪)

2月中旬、森で久しぶりに昆虫を観察できました。

ナナホシテントウと
写真①
【2月18日撮影 アカマツの幼木に】

クワゴマダラヒトリ(ガのなかま)の幼虫です。
写真②
【同日撮影 石垣の隙間から伸びた植物に】


ナナホシテントウは成虫で、クワゴマダラヒトリは幼虫で越冬します。
この日は日中日差しがとても暖かかったため、姿を現したのでしょうか。

また、ヒサカキ(2月22日開花)に続き、アセビの花も咲きました。
写真③
【2月23日に開花を確認し撮影】

次は、何の花が咲くのでしょうか。楽しみです。(植阪)

↑このページのトップヘ