昨日(5月3日)の朝、森を回って鳥の個体数調査をしたところ、キビタキの数が目だって増えていました(3kmのルート上で確認した数が4月30日には5羽だったのが昨日は11羽)。
1150504
[キビタキ 今年4月30日撮影]
また、昨日はコルリ、オオヨシキリ、コサメビタキ(いずれも夏鳥)の初認日ともなりました。
2150504
[コルリ 昨日撮影]
おそらく5月2日~3日にかけて移動の波があったのではないかと思います。

きょう、ネイチャーセンター裏手の側溝にモリアオガエルの卵塊が産みつけられているのをたまたまそこを通りかかった片岡レンジャーが発見しました。
150502

記録的な早さです。
表面の乾きぐあいから見て、産卵後1~2日は経っているようで、正確な産卵日は不明です。
例年モリアオガエルの産卵が始まるのは5月中旬に入ってからなので、油断していました。

きょう巡回調査で森を回っていた井内レンジャーもあちこちでモリアオガエルの鳴き声を聞いたそうです。

過去の記録を見ると、ハルゼミの鳴き声をはじめて聞くのは4月27日か28日のことが多いのですが、今年も28日が初認日となりました。
150501
[ハルゼミ 2013年4月28日撮影]
ここ数日続く暑さのなか、ギーギーという声が徐々に盛んになってきています。

↑このページのトップヘ