今日も一日快晴で、日なたは暑いほどでした。
この陽気で、きのうはまだほとんどがつぼみだった
センターのベランダから見えるヤマザクラの標準木が、
1日であっという間に写真のような状態になりました。
08-03-28

森の中もこの1日で急に華やいできました。

これからの数日がほんとにヤマザクラの見どきです。
(斉藤)

きょうは巡回調査で9日ぶりに森全域を歩きました。
前の時ほど暖かくはなく、風は少し冷たかったですが、一日気持ちのよい晴天でした。

ヤマザクラは、前回開花を確認した早咲きの株のほかにも、花を咲かせはじめている株が何本か見つかりました。
180323yamazaku
[かなり開花がすすんでいる株]
180323hiyo
[ヒヨドリが蜜を食べに来ていました]

スミレのなかまでは、前回のコスミレにつづき、シハイスミレ、ナガバノタチツボスミレ、ニオイタチツボスミレが咲きはじめていました。
180323sihai
[シハイスミレ]
180323nioi
[ニオイタチツボスミレの蜜を吸うビロウドツリアブ]

あと、植栽木ではありますが、コブシもきょう開花を確認しました。
180323kobusi
[北側の芝生広場に植えられたコブシ]

鳥では、冬鳥の渡去が進行しているようです。シロハラを見る回数はめっきり少なくなり、ジョウビタキとルリビタキはどちらもきょう1回しか確認できませんでした。(斉藤)

日中は汗ばむほどの陽気となった昨日、巡回調査に出かけました。

朝、センターを出るやいなや、上空からツバメの声が。
例年より10日ほど早い初認でした。

森に入ると、3月7日に開花を確認したヒサカキが、その独特な香りで存在をアピールし始めていました。
18-03-15-hisaka
[ヒサカキの花]

山火事跡の早咲きのヤマザクラはどうでしょうか。
18-03-15-sakura1
双眼鏡でよ~くさがすと、
てっぺんの方に2輪咲いていました。18-03-15-sakura2


日当たりのよいトレイルでは越冬していたテングチョウがたくさん舞っていた他、
18-03-15-tengu
[テングチョウ]

カナヘビやニホントカゲ、
18-03-15-tokage
[ニホントカゲのこども]

ビロウドツリアブも活動しはじめており
18-03-15-biroudo
[ビロウドツリアブ]

草花ではコスミレが咲きはじめていました。(斉藤)
18-03-15-kosumire
[コスミレ]

↑このページのトップヘ