今年のイロハモミジはスッキリと赤くならなかったのですが、お日様の光をすかしてみるときれいなところもありました。151207

場所によってはとか部分的にはなりますが、強い風が吹かない限り、もう少し楽しめそうです。

もちより自然アート展も、いよいよ11月28日までとなった、森です。
アート展

今年は(も?)へんなお天気が続いて、10月などは雨も少なくてといった秋ですが、森の紅葉は後半戦に入っています。この雨で、駐車場あたりのイロハモミジはどうなるでしょうか?お天気のよかった日の写真を添付します。紅葉1

森の紅葉は、木の種類や生えている場所などによっても色や色づく時期が違います。今日拾った紅葉した葉はこんな感じでした。(一部、紅葉していないものも含みます。)
紅葉2

ネイチャーセンターの玄関の「今日のゲスト」に全て出していますので、なんという種類の木の葉かを確かめてみてくださいね!紅葉3

「キイキイキイ、キキッ、キュン! キュン!」。秋になるとモズが高い木の梢など目立つところに姿を現して甲高い声で鳴きます。モズの高鳴きと呼ばれる行動です。1羽1羽のモズが、自分だけが利用する冬のなわばりを確保するため、他のモズを牽制しているのです。
151123
[モズ 2009年11月23日撮影]

観察の森では今年、9月25日に初めてネイチャーセンター付近で高鳴きを確認し、今もまだ続いています。園内では例年3~4箇所で高鳴きが聞こえますが、今年はもう少し多いようです。また、高鳴きを耳にする頻度も例年より高く感じます。今年はなわばり争いが熾烈なのかもしれません。

↑このページのトップヘ