越冬地へと移動していく夏鳥を目にする季節です。
9月5日のブログで、サンショウクイを8月29日に今季はじめて確認したことをお伝えしましたが、その後も頻繁に目撃されています(きのう、今日は確認していません)。
一方、昨年は9月6日に初めて確認されたコサメビタキは今年なかなか姿を現しませんでした。
ネイチャーセンターから歩いて2~3分の「水のみ広場」周辺はコサメビタキのお好みのスポットで、渡りの時期には必ずと言ってよいほど姿を現します。そこで毎年、9月に入った頃から日に一度はここを訪れてコサメビタキの出現をチェックしています。
今年は長らく空振りの日が続いた末、昨日ようやく姿を確認しました。
150918-1
[9月17日 水のみ広場付近にて]
きょうは「水のみ広場」で確認したほか、北側の「コナラ広場」付近でも見つけました。
150918-2
[9月18日 コナラ広場付近にて]
これからしばらくはコサメビタキを見る機会が増えると思います。