きょうは「秋さがしウォークラリー」の開催日。
設問版と矢印看板を設置するため、朝早く出勤して2キロコースを回っていると、いろいろ冬鳥の情報が得られました。まず、数日前からにぎやかになってきたジョウビタキですが、センター前の芝生広場にも姿を現しました。今年はメスがなわばりを張るようです。
15-11-01-1
[ジョウビタキ 芝生広場にて]
ちなみに、2キロコース上で7羽のジョウビタキを目撃しましたが、なんとすべてメスでした。
さらに芝生広場ではシメ(10月16日初認)の6羽の群れを目撃したほか、アトリ(10月26日初認)の声も聞きました。
15-11-01-2
[シメ 芝生広場にて]
キクイタダキ(10月28日初認)の声もあちこちで聞きました。今年はキクイタダキが期待できるかもしれません。
ほかには、19番あたりのササやぶでクロジと思われる声を今季初めて聞き、湖岸の25番あたりでは、数日前からそれらしい声を聞くものの、確認できていなかったシロハラの姿を見ることができました。

☆「秋さがしウォークラリー」はあさっても開催します。天気も良さそうなのでどうぞお越しください。