昨日(10月19日)、森で冬鳥のジョウビタキとアトリが相次いで確認されました。
ジョウビタキは朝、井内レンジャーが団体対応の準備で森を回っている時に20番札付近で声を聞きましたが、その時姿は確認できませんでした。その話を聞き、午後、自分が姿を確認に行ったのですが、見られず仕舞いでした。その小一時間後、同じ話を聞いた鳥運の良い常連のMさんが同じ場所に行ってみたところ、実をつけたカラスザンショウの木でオスのジョウビタキとオスのキビタキが争っているという素敵な場面に遭遇したそうです。
16-10-20-1
[ジョウビタキのオス 今年1月5日に撮影]

昨日は夕方、今シーズン初めて24羽というまとまった数のオシドリの群れも桜山貯水池で確認されました。
16-10-20-2
[昨日、センターのベランダから撮影]