1月22日に行事「森のおもちゃばこ」を行いました。

おもちゃ作りを通して自然と触れ合うのが目的の行事です。
今回は400メートルほどのコースを歩きながら、おもちゃ作り&遊びを楽しみました。

作ったのは
ストロー玉吹き、マテバシイのトンビ折り、まつぼっくりのけん玉、松葉のおすもうさん、などなど。

この中で子どもたちに一番人気だったのは、松葉のおすもうさん。
170126-1


落ちている松葉を束ねて輪ゴムでまとめたものに、画用紙に描いた力士を挟み、土俵にみたてた紙箱の上に置いて、箱をとんとんと指で叩いて戦いました。

ちなみに、私のお気に入りはストローの玉吹きです。
170126-2


先の曲がるストローの飲み口を4つに割り、クスノキやマンリョウなど、丸い実をおいて息を吹き入れます。

息が弱いと実が上がらず、強すぎると飛んいってしまう、
絶妙の力加減が問われます。

今回行事を行うにあたり、本を参考にいろいろな草花遊びを試し、昔ながらの遊びの中に、面白いものが沢山あることが分かりました。
来年も行います。ぜひご参加ください。

(片岡)