春まっさきに姿を見せる昆虫のひとつにビロウドツリアブがいます。今年の初認は3月19日で、以降よく見られるようになりました。
turiabu1

上の写真は26日に芝生広場で撮影したものです。
少し寒かったからでしょうか、マツの葉にとまり、じっとしていました。

ビロウドツリアブは地面の近くを飛びまわり、花の蜜を吸います。
ホバリングといって、空中に止まっているように飛ぶことができます。
turiabu2

[2013年4月8日撮影]
turiabu3

[交尾中 2011年4月7日撮影]

名前のとおり、体がビロウドのような毛で覆われており、蜜を吸う姿も愛らしいアブですが、幼虫は肉食で、ヒメハナバチの幼虫に寄生するそうです。

(片岡)