新年度が始まりました。時を同じくして森には夏鳥が渡来し始めます。
気にはなっていたのですが、昨日はデスクワークが忙しく、夏鳥チェックに行けずに一日が終わろうとしていました。
そこへ森に鳥の写真を撮りに出かけられた方がもどってこられ、「こんな鳥が撮れましたけど..」と写真を見せてくださいました。
(あ~、やっぱり...)。
写っていたのは毎年真っ先に森に渡来するセンダイムシクイでした。

けさは早く出勤して、きのうのお客さんが撮影された番号札30番付近に行ってみると、2箇所からセンダイムシクイの特徴的なさえずり「チヨチヨビー」が聞こえてきました。
さらに歩を進め、例年センダイムシクイを初めて確認するヤンマ池あたりに行き、しばらく耳を澄ませていましたが、ここではさえずりを確認できませんでした。そのかわり、センダイムシクイと同じ頃に渡来するヤブサメのさえずり「ジィジィジィジィジィ・・・」を確認することができました。

そこからさらに谷筋のトレイルを400メートルほど歩いて折り返し、ヤンマ池にもどってみると、先ほどの静けさとは打って変わって、4羽ほどのセンダイムシクイがゆるやかな群れのようになって飛び回り、そのうちの2羽がにぎやかにさえずっていました。
今まさに渡来してきたばかりといった風でした。
下の写真はそのときのものです。(斉藤)
sendai170402