夏休みも終わましたね!
みなさんは、楽しく過ごせましたか?

さて、夏休みに入るまだ前、6月18日に「はじめての粘菌観察会」を開催しました。
http://wbsj-himeji.blog.jp/archives/1066419858.html

このときに、赤い変形体を採取してB5くらいの大きさのタッパーでアズキガイといしょに、ずっと飼っています。
アズキガイ
(写真:アズキガイ)

たいてい赤い変形体は見られない場所にいますが、時々上の方にでてくることがあります。
0811
(写真:0811)
0817
(写真:0817)
0826
(写真:0826)

エサもやってないのに、何ヶ月もどうやって小さなタッパーの中で、変形体は暮らしているのでしょうか。
実は、一緒に入っているアズキガイの糞にわく、細菌を食べているようなのです。時々水分や玉子の殻(アズキガイが食べます。)を補充してやると、うまくいけば1年以上飼えるようです。
玉子の殻
(写真:玉子の殻)

気になる人は、ゆんレンジャーがいるときに声をかけてくださいネ!(井内)