去年の今頃、森の中でコナラについている樹名板をひっくり返すと、産卵中のクヌギカメムシの仲間がいました。写真1
(産卵中のカメムシ)

この写真を専門家に送って名前を訪ねたのですが、腹側をみないと種類がわからないとのこと。
すぐにカメムシがいたところに引き返して見てみたのですが、残念なことにもう姿はありませんでした。

そして今年こそリベンジ!ということで、一昨日樹名板をひっくりかえすと産卵中のカメムシがいました!
調べてみると、お腹側のヘリにある気門が黒ではなく、お尻の先が平坦なヘラクヌギカメムシでした。写真2
(カメムシのお腹)

調べるのに1年かかりましたが、と~ってもスッキリしました!(井内)