新年あけましておめでとうございます!
楽しいお正月だったでしょうか?

新年初めての日曜日は、たくさんの人が森に来られました。
お目当ては野鳥の人が多いようでしたが、森の冬の楽しみは他にもいろいろとあります。

例えば、チョウ。
「そんなバカな!」と思う人もいるかもしれませんが、森には成虫で冬を越すチョウがいます。
ひなたぼっこをするテングチョウ
(日向ぼっこをするテングチョウ)
テングチョウの他には、キタキチョウやウラギンシジミなどもポカポカとした日に出てきているかも!

それから、人気者だけど木の皮をかじったりするので少し困っているシカ。
森のシカ
(森のシカ)
最近はシカの毛束が落ちていることが多いです。
シカの毛
(シカの毛)
フンも落ちていいますね。
シカのフン
(シカのフン)
こんな抜け落ちた毛束やフンは「フィールドサイン」といって、シカがそこにいた証拠になります。
フィールドサインを見つけるのは、小さい子どもたちのほうが上手かもしれません。

また森に来た時に、探してみてくださいね!
(井内)