森へ行事の下見や調査に出かけるとたくさんの昆虫に出会います。
種類を特定するためにセンターへ持ち帰ると段々と愛着が湧いてしまい…
「飼ってみようか!」となります。
最近、仲間入りした昆虫たちをご紹介します。

☆シロコブゾウムシ
写真①


5/31 採取 ナツフジの葉を食べます。くりっとした目がかわいく顔はジュゴンやバクのようにも見えます。そして体の造形はかっこいい。後翅が退化していて飛べないため手に乗せてゆっくり観察ができるのも魅力です! 産卵も確認できました。

写真②

[死んだふりが特技]

☆シモフリスズメ(幼虫)
写真③

[終齢]

6/14採取 クサギの葉をもりもり食べ、見つけたときは3㎝程でスリムな体でしたが4日程でぷりぷりした終齢の姿へ。
6/26 蛹へなるため土へ潜っていき、次の日もう蛹になったかな?と土を掘ってみると…
色は変わっていますがまだ幼虫の姿。ぐるんと身をよじっていました…
写真④

[蛹になるのに時間がかかるようです]

邪魔をしてしまいましたが立派に羽化した姿が見られると嬉しいです!
他にも何種類かの生きものをセンターで見られます。ぜひ立ち寄ってくださいね。
(金井)