きのうから今日にかけて、お隣りの桜山貯水池の水鳥をカウントしました。
その結果は以下のとおりです。

カイツブリ 1
ハジロカイツブリ 11
カンムリカイツブリ 2
カワウ 2
オシドリ 9
マガモ 9
カルガモ 20
コガモ 1
トモエガモ 1
ヨシガモ 69
ヒドリガモ 81
ハシビロガモ 1
ホシハジロ 100
キンクロハジロ 43
ミコアイサ 3
オオバン 5
計16種358羽

181215-1
[休むヨシガモとヒドリガモ。奥にカルガモも]


11月25日には255羽を数えたホシハジロが減っていましたが、11月にピークというのはホシハジロで例年見られる現象です。

注目したいのはヨシガモの数です。

ヨシガモは全国的に見て個体数が多くない種です。
そうした中、かつて桜山貯水池は兵庫県でもっともヨシガモが見られる場所でした。

ところが今から8年前をピークに数が減りはじめ、3年前には20羽程度しか見られなくなりました。

その後、減少は止まり、昨年は42羽にまで回復していましたが、今年は現時点でさらにそれを上回りました。

181215-2

今後の動向に注目です。(斉藤)