真っ赤に色づいたマンリョウの実は例年遅くまで食べられずに木についています。
190313-1
[昨年の1月26日に撮影]

今年は2月中頃からだんだんと実がなくなりはじめました。

食べているのはヒヨドリかシロハラあたりだろうと想像できるのですが、それを確かめようと、実をつけたマンリョウの木の前に自動撮影カメラを設置しました。
190313-2

設置したその日(3月2日)のうちにヒヨドリがやってきました。
190313-3

190313-4

実がなくなる3月7日までに計5回、ヒヨドリがこの木を訪れていました。
190313-5

ヒヨドリ以外ではジョウビタキが3回、写っていましたが、実を食べているところは確認できませんでした。
190313-6
190313-7
カメラの撮影間隔が最短でも5秒あるので、その5秒間に実をとってその場から離れた可能性はあります。
190313-8

ということで今回は、少なくともヒヨドリがマンリョウを食べることは確認できました。(斉藤)