朝方は青空が広がり、参加者は13組27人と盛況。
センター~中央広場~ホタル池~湖岸沿い~センターと定番の2キロコースを歩いて春を探しました。

芝生広場では、ネジキがすでに新芽を出していました。
190324-1


森に入ると独特な香りがしてきました。正体は、ヒサカキの花です。
ヒサカキはこの森で一番よく見られる低木で、今はちょうど満開。
花には雄花と雌花があるので、そのちがいを虫めがねで観察しました。
190324-2

小さい子も、おしべとめしべを見分けられて嬉しそうでした。

春は鳥の繁殖シーズン。メジロやヤマガラなどのさえずりが聴こえてきます。
巣箱を見ながら、この森で巣箱を利用する鳥、ヤマガラとシジュウカラを紹介しました。
190324-3


3番の東屋付近では、この森で毎年一番に開花するヤマザクラを観察。今年は3月5日に開花しました。
190324-4


ホタル池では、ニホンアカガエルの卵塊などをじっくり観察。
190324-5

ニホンアカガエルの産卵はアマガエルなどよりも3ヶ月程早く始まります。今年は2月1日が初認で、もう多くがオタマジャクシになっていました。
あまり見かけないニホンアカガエルの卵とオタマジャクシに大人も子どもも興味津々でした。

だんだんと春らしくなってきている森で、色々な生きものに出会うことができました。
(植阪)