ひと月ぐらい前までよく見られたガの幼虫はあまり見られなくなり、今は成虫が目立ちます。

もっともよく見られるのはハグルマエダシャク。
haguruma
[ハグルマエダシャク]
ピークは過ぎたようですが、場所によっては観察路を歩くと脇のササやシダの葉の裏から夥しい数が湧くように飛び出すのが見られます。

姿形がユニークで、風物詩となっているホタルガはここ4、5日で目立ってきました。
hotaruga
[ホタルガ]

地味なものが多い中、時々カラフルなガにも出会います。
biro-do
[奇抜なデザインのビロードハマキ]
写真のビロードハマキ、よく見ると体の両端に触角が!?
じつは交尾中の2頭でした。
(斉藤)