先週の土、日曜は桜山公園の4施設(姫路科学館、星の子館、県立こどもの館、自然観察の森)が夏休み恒例の合同イベント「桜山公園まつり」を開催しました。
4施設をシャトルバスで結び、各施設がこの日のために用意したブースやプログラムを市民の皆さんに楽しんでもらおうという趣向です。

観察の森では今回、

①木の実のつかみどり
②水鉄砲で木の葉おとしゲーム
③レンジャーと一緒に遊ぼう
④チャレンジクイズ
⑤センターでけもの発見!
⑥カードスタンドづくり
⑦松ぼっくりでフクロウをつくろう(ボランティア行事)
⑧スライド絵本(ボランティア行事)

と目いっぱい多くのプログラムを用意しました。

その甲斐あって、2日間で合計508人と、昨年の倍以上の方々に来ていただくことができました。

190720-4
シャトルバスの乗降場で「木の実のつかみどり」

190720-6
水飲み広場では「水鉄砲で木の葉おとしゲーム」

190720-5
ネイチャーセンターまでは「チャレンジクイズ」。センター内では「センターでけもの発見!」

190720-1
にぎわうボランティアグループききみみずきんの「松ぼっくりでフクロウをつくろう」コーナー。カードスタンドづくりもききみみずきんに対応をお願いしました。

190720-2
ききみみずきんによる「スライド絵本」

190720-3
「レンジャーと一緒に遊ぼう」