2018年04月

いよいよはじまりました平成30年度キッズレンジャークラブ!
今年で2期目となるこの活動。
抽選で選ばれた16名のメンバーが一年間活動します。

キッズ①
1回目の今日は、オリエンテーションで保護者の方も一緒に活動の注意事項を聞いていただきました。
スズメバチやマムシなど危険生物と会うこともめずらしくない森の中での活動です。
危険生物といっても、自然界のバランスをとる重要な生き物たち。
この森では安易に駆除はしません。
人間の方からトラブルを避けられるよう、服装や行動についてのレクチャーに保護者の方も真剣に耳を傾けてくださいました。

キッズ②
オリエンテーション終了後は、一年間使う名札作り。
ノコギリで木を切るところから自分でします。
二人一組で一生懸命作りました。
初めて出会った子達ばかりですが、協力し合う姿に感心しました。

ベランダで心地よい風に吹かれながらお弁当タイムキッズ③


名札も完成し、終了時間まで少し時間が取れたので、外へ。
葉っぱの匂いをかいだり、ドングリの雄花を見つけたり。
メモも一生懸命とって、初日とは思えない熱心さ!
しばらくすると雨がポツポツ。
工作室へ戻って、先ほど見つけたものを顕微鏡で観察し、ノートに記録。短時間でしたがたくさんの発見がありましたね。キッズ④


次回は5月。本格的に森の中での活動が始まります。
ケガなく一年間活動が出来ますように。森の神様に心から祈って。
さあ、楽しみましょう!(大津賀)

今年、キビタキの初認は4月8日と、非常に早かったのですが、その後長らく、キビタキのさえずりが聞こえてくる場所は最初に確認した桜峠からヤンマ池周辺に限られていました。
最近ようやく渡りが本格的になってきたようで、きのうから今日にかけて、駐車場から階段をあがった所の水飲み広場、番号札1番、2番、3番、4番付近、ネイチャーセンターの裏庭などでも姿やさえずりを確認しています。
キビタキ08-04-18
[きのう、番号札2番付近で撮影]

22日に開催する早朝バードウォッチングでも見られるといいですね。

なお、きのうはニュウナイスズメの渡りがよく見られ、渡り途中のノゴマのぐぜり(不完全なさえずり)も今季はじめて確認しました。(斉藤)

この日は朝から寒く、なんだか冬に戻ったような感じでした。
でも、親子でたくさん参加してくれました。
子どもたちはみんな元気いっぱいです。
写真①おやこ森あそび


どんどん森を歩いていくと....
何かいました!
大きさ5cmほどの地味な色のガです。
そっと手に乗せてみても、飛ばずに羽を高速でパタパタさせています。
写真②おやこ森あそび


これは、寒くて体温を上げるために動かしているそう。
体温が低いと、虫も動きがゆっくりになるんですね。

さて、次は手ざわり集めゲームです!
写真③おやこ森あそび


落ちている葉っぱや枝、岩についたコケなどをさわって、どんな感じかを「ざらざら」などの言葉にして集めてみましたよ。
みんな、いろいろ見つけたね!

ここで少し、おやつと絵本タイム。
写真④おやこ森あそび

みんな自然の中でのびのび。

写真⑤おやこ森あそび


寒さのせいか、出てきた生き物は少なかったのですが、スミレ、ケムシ、アリ、ガ、小さな昆虫などいろいろ発見がありましたね。

また、森でたくさん自然を見つけましょう。
ありがとうございました!
(植阪)

夏鳥の渡来状況を把握するため、3月30日からほぼ毎日(雨の日は除く)、開館前の1時間、森を歩いています。
これまでに確認した夏鳥は以下のとおりです。

3月15日 ツバメ
3月23日 イワツバメ
3月30日 ヤブサメ
3月31日 センダイムシクイ
4月5日 コサメビタキ
4月5日 アカハラ
4月8日 キビタキ
4月8日 コマドリ

このうち、ツバメとコサメビタキの初認は例年よりかなり早くなっています(ツバメは10日ほど、コサメビタキは2週間ほど)。
また、ヤブサメとセンダイムシクイは過去20年間でもっとも早い、キビタキは2番目に早い初認です。
(斉藤)

sendai1

[センダイムシクイ 本日撮影]

↑このページのトップヘ